スポンサーリンク

パステルアートで手作りで心のこもった「暑中見舞い」や「残暑見舞い」を作りませんか?

パステルアート

メールやラインなどでの連絡が多くなった今こそ、手作りで心のこもった暑中見舞いや残暑見舞いを送りませんか?

 

 

夏の暑さが厳しい時期に、近況報告をしたり、季節のごあいさつをしたりする暑中見舞いや残暑見舞い

 

なかなか会えないお友達や、日ごろお世話になっている方、お客様などに手作りのハガキでご挨拶をしてみませんか?

 

暑中見舞いや残暑見舞いの違いをしっていますか?

 

 

 

暑中見舞いや残暑見舞いの違い

 

ズバリ「 時期 」と「季節の言葉」 に違いがあります。

 

暑中見舞いは「夏」「暑さのピーク」のお見舞い状

 

残暑見舞いは(暦の上では)「秋」「なかなか終わらない暑さ」のお見舞い状 になります。

 

「暑中見舞いをいつから出すか」「残暑見舞いをいつまでに送るべきか」については諸説あるそうです。

 

主に言われているのは、

 

暑中見舞いを送る時期 :梅雨が明けてから立秋前まで

残暑見舞いを送る時期 :立秋から8月いっぱいまで
※2018年の立秋は8月7日

※梅雨は地域によって明ける時期が異なります

 

ちなみに、梅雨が明けないまま立秋(8月7日)を迎えてしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

立秋を過ぎると暦の上では秋になりますので、「残暑見舞い」 の方を送るとよいそうです

 

パステルアートで暑中見舞いや残暑見舞い

 

暑中見舞いを送ってない!

と思っても、2018年の残暑見舞いにはまだ間に合いますよ

 

暑中見舞いはこういった雰囲気に☆

 

一枚一枚心をこめて描いたパステルアートは、届いたかたへ気持ちもより伝わること間違いなしです(*´ω`*)

 

・手作りで季節のご挨拶を送りたい

・パステルアートを始めてみたいと思っていたけど一歩が踏み出せなかった

 

そんなきっかけに、残暑見舞いのパステルアートを始めてみませんか?

 

パステルを削って粉にしたものを手でくるくる描いていきます。

初めての方にも楽しんでいただける癒しの時間を過ごしていただけますよ

 

夏休みの宿題を何にしようかな?とおもっている子どもたちにもオススメです(о´∀`о)

 

おひとりから講座は開講しています。お友達同士、親子で参加してみてくださいね

 

 

講座時間は1時間30分です。
ハガキサイズの画用紙に1~2枚描いていきます
ヒマワリ、アサガオ、金魚、風鈴、スイカなど描きたいものを選んでください♪
参加費:1500円 (材料費込)

 

ご希望の日時をお伝えください。

おうちサロンでの講座だけでなく、出張講座も可能です
メールやライン@、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

コメント