スポンサーリンク

節分のパステルアート~豆まき&恵方巻豆知識

パステルアート

 

明日、2018年2月3日は節分ですね。

小学生のみんなと『鬼とおたふくさん』のパステルアートを描きました

色も顔も個性豊かで、かわいいですよね(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

皆さんは豆まきをしたり恵方巻を食べたりする予定はありますか?

 

 

節分の豆まきとは?

 

1年の無病息災を願う豆まき

 

豆まきはその家の主人が鬼のお面をかぶって、そのほかの人が豆をまくイメージがありますが、

本来は、夜にその家の主人が豆をまいて、(年女・年男・厄年の人がいるときはその人)

がまいたほうがよいそうです。

 

 

豆をまきかたは、

鬼を家から追い出すイメージで、 
窓を開けて

「鬼は外」と唱えながら、家の外に向かって2回まき、

すぐに窓を閉めて

「福は内」唱えながら、部屋の中に2回まきます。

 

部屋の奥から玄関まで順番にまいていきましょう。

 

※豆をまくときのポイント

豊作を祈願して畑に種をまくしぐさを表しているため、

上から投げるようにではなく、手のひらを上に向けましょう。

 

 

 

 

そして豆まきが終わったら、 
まいた豆を 自分の年齢より1つ多く拾って食べます。

この、1つ多く食べるのというは、「新年の厄払い」という意味があるそうですよ。

 

 

 

恵方巻

 

その年の恵方(吉方)を向いて

福を巻き込むという意味で七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻き

(恵方巻、太巻き寿司、丸かぶり寿司などいろいろな呼び方があるそう)

無言で願い事をしながら1本丸かじりする恵方巻

 

私の家でも最近恵方巻を食べています(*^_^*)

 

恵方とは、福徳を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角で、

縁が切れたり、福が途切れたりしないようにという意味で、包丁で切ってはいけないそうです。

 

ちなみに、

2018年の恵方は南南東やや南

だそうですよ

 

 

豆まき&恵方巻についての豆知識でした(*^_^*ya

 

 

子どもたち向けのパステルアート講座や親子講座も開講しています♪

体験してみたいな と思われたらぜひライン@などでもお問い合わせしてみてくださいね。

 

 

コメント